ショーバン先生メモ乱ダム  ―山口昌伴
by douguology_news
道具学会事務局
〒169-0074
東京都新宿区北新宿1-30-30
TEL・FAX:03-3369-0460
E-mail:info@dougu-tools.com
http://www.dougu-tools.com/

〔個人会員〕
入会金¥6,000
年会費¥12,000
〔学生会員〕
入会金¥3,000
年会費¥6,000

カテゴリ
全体
反転の道具学
髑髏盃の呼び名 わかる!
椀、碗ワンワン物語り
坐る文化研究所へ
ライカとタンコロ
飛切豪邸遠山家住宅見学
水割り論文、ハイボール論文
扇風機の愉怪な歴史
玉手箱とパンドラの箱
舞録番外・緊急報告
未分類
フォロー中のブログ
道具学への招待
以前の記事
2009年 07月
2006年 04月
最新のトラックバック
電気ポットよりやかんで節..
from 節約暮し研究所
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:舞録番外・緊急報告( 1 )

舞録番外・緊急報告「山口昌伴:一身上の都合」

〔二つの致命癌を発見、延命生活に入る〕
 山口昌伴、背広にネクタイ、公式立場では山口まさとも先生と呼ぶ(道具学叢書002『首から上の道具学』山口昌伴著、ラトルズ刊による)。
 現:道具学会第7期会長・任期08.4月~10.3月(自称やむなく会長)の第2年目の頭初09年4月、標題の舞録(ブログ)制作に集中のさなか、ふと頸部に異状を触覚したため、緊急検査したところ、二つの体内自爆テロ組織―致命癌組織を発見せり。

体内自爆テロ組織体A
 原発不明癌組織のリンパ腺に広く移転散兵線を形成。これが触診した異形の正体であった。
 自爆テロ組織Aは抗癌剤により弱体化をはかるも体力との持久戦となり、制圧・圧勝の見込はなく、延命戦による有効余命が勝負となる。
 山口まさとも先生、ショーバン君(ふだん着のときの呼称)ともに、道具学擁立のベーシック・ワークをライフワークとし、余命の有効化をはかるのでご協力をいただきたい(あえて一身上の事情を公開する理由である)。

体内自爆テロ組織体B
 巨大肝臓癌、自爆テロAの確認にあわせて発見せるもの。肝臓に寄生増殖した直径100mmの野球ボール大に増殖した癌組織体群。
 この自爆テロ組織体Bは、すでに一触即発の危険状態にあり、今回の発見がなければ半年以内に破裂、大量失血による突然死が予定されていた。
 たとえば09年秋のある日、山口講演中に突如倒れ、意識不明のまま二日後に逝去。病名はただ肝臓癌。口ぐちに「あんまり、突然でしたなぁ」の一語ゆき交うのみ、がオチであったと思われる。

〔二つの致命癌、延命の技術と仁術を癌研(がんけん)に託す〕
 この二つの致命癌認証までは日大病院で到達したが、A癌の制圧は至難、B癌も難攻きわまるため、山口の申し出により「医の道具学」の現在の頂点を極める癌研究会有明病院(5~2年前に大塚がんセンターを移転完了)に一切を託すべく、日大病院より委任状と合わせて患者(山口さん)を回送。
 まずは一触即発お陀仏状況にあった自爆テロ暴発寸前の肝臓巨大癌群を制圧、そのうえで頸頭転移癌群制圧の手順となった。
 野球ボール大の巨大癌群の制圧、壊死、崩落、絶滅への施術、現代医療先端技術と担当医の仁術・忍術の駆使は、まさに「医の道具学」の現在の頂点を極めた。
 曲がりくねって迷走する大動脈から支脈への探索は、すべて鮮明な電子画像を追って展開され、自爆テロ集落を次々を攻めあげ、4時間、240分のうちに全部自滅に追い込んでいった。
 その巨大(直径100mm)の壊死塊の体内処理―壊死体の排出やガス発生の消化に、本体(私)のほうも相当の戦いが必要であり、20日間にわたる高熱の日々が続いた。

〔ここに一命をとりとめ、めでたく退院〕
 自爆テロ組織体壊滅の施術は6月15日午後に行われ、体内自浄処理に20日間を要したが、結果、肝臓癌異常増殖塊は全滅、再発の怖れのない壊滅成功により「一命をとりとめ」て、7月5日に退院となった。

〔とりとめた一命をもとに、もうひとつの挑戦へ〕
 先述のとおり、この秋には突然の逝去の予定にあったわが身、頸元の異形に気づいたためにとりとめた一命。こんどはその一命をもとに、自爆テロ組織A・頸頭部リンパ腺転移癌との延命の戦いが展開される。勝負はつかないようだが、戦いの余白に生甲斐、仕事甲斐に使える「時」がありそうだ。

 ときに山口さん、当年とって72歳。70歳の誕生日以降、将来の余命を考えないでもなかったし、思わぬときにポックリ、もありうるとは思っていた(それが09年仲秋の頃に予定されていたとはつゆ知らず)。
 だが、この4月21日、二つの致命癌を抱いていると知らされ、一命をとりとめて本格的延命の戦いに踏みこむこととなって、それまでの余命への構えの甘さに、心あらたまる思いをしている。
 何をボヤボヤと、いいかげんに生きさらばえとるんかと、天からドヤされた思いであった。かえって余命いくばくもないと知らされて、その余命の有効化に遇進すべき心の構えをあらたにさせられた。
 これは、有限という意味では残念だが、有効化という意味ではかえってトクをした気分でもある。

〔こんなわたしの言えた柄ではないが〕
 皆さん、もうしこし身体に気をくばって、寿命の限界の早期発見をおすすめする。私の場合、医者とのおしゃべりはしたくないほうである。幼いとき体験したことのある「扁桃腺の腫れ」なんか口にしない筈の私が、つい「おしゃべり」して、今回の発見が始まった。あのとき、私が口に出さなければ、いまも秋までの余生を楽しんでいたことになった筈であった。きわどかった余命と、九死に一生を得た退院の日に、つくづく思っている私、である。
[PR]
by douguology_news | 2009-07-14 12:07 | 舞録番外・緊急報告