人気ブログランキング |

ショーバン先生メモ乱ダム  ―山口昌伴
by douguology_news
道具学会事務局
〒169-0074
東京都新宿区北新宿1-30-30
TEL・FAX:03-3369-0460
E-mail:info@dougu-tools.com
http://www.dougu-tools.com/

〔個人会員〕
入会金¥6,000
年会費¥12,000
〔学生会員〕
入会金¥3,000
年会費¥6,000

カテゴリ
全体
反転の道具学
髑髏盃の呼び名 わかる!
椀、碗ワンワン物語り
坐る文化研究所へ
ライカとタンコロ
飛切豪邸遠山家住宅見学
水割り論文、ハイボール論文
扇風機の愉怪な歴史
玉手箱とパンドラの箱
舞録番外・緊急報告
未分類
フォロー中のブログ
道具学への招待
以前の記事
2009年 07月
2006年 04月
最新のトラックバック
電気ポットよりやかんで節..
from 節約暮し研究所
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:髑髏盃の呼び名 わかる!( 1 )

髑髏盃の呼び名 わかる!

 大陸中国の西北辺境・少数民族の村で121人ぶんの頭蓋骨が捨てられているのが発見された(東京新聞06.4.7付)。
 すわ!大量殺戮事件かと捜索の結果、墓地に埋葬された遺体から外して集めた髑髏と判明。工芸品を造る材料として集めたものと判った。
 頭蓋骨を眉の上で水平に、鋸切りでスッパリ切ると器・うつわになる。内側に銀箔を張って酒器にする。
 この村ではチベット・ラマ教の儀器ガバラ盃を制作している、刑事立件ならず、と。
 ガバラ盃と呼ぶのかァ!
 道具学会の編集会議室の棚にはそのガバラ盃が陳列されている。チベット高原からヒマラヤを越えてネパールに流出したもの。ショーバン先生がカトマンドゥの骨董屋で1983年に入手。
 日本でも戦国時代に敵将の首級を挙げると髑髏盃にして祝盃をあげた。
 道具学会チベット探検(02年8月、12名)ではショーバン先生、ガバラ盃をもっと手に入れておこうと四川省成都のチベット人街でもラサの骨董街でも十余箇の髑髏盃を見つけて吟味したが、いずれも手持ちのものより風格がずっと格おちする物だったため、一箇も買わなかった。
 なかなか骨相のいい頭蓋骨って、無いもんだなァ。
 あ、頭蓋骨の骨相、ですか。カトマンドゥで見くらべて歩いたんだけど、いろいろあるんですよ。いかにも気の弱そうなのとか、ズルそうなのとか。ショーバン先生の手に入れたのは─生きているときいかにも洒落がわかる頭だったふうの洒落頭─しゃれこうべ。はい、駄洒落でスンマヘン。
b0073160_158097.jpg

b0073160_1582538.jpg

▲チベットのガバラ髑髏杯
by douguology_news | 2006-04-07 15:08 | 髑髏盃の呼び名 わかる!